2018年06月19日

ザ・パークハウス あざみ野一丁目−マンション・一戸建て一体開発プロジェクト、カリタス跡地のブランズとともに注目を集める高台・低層レジデンス。坪270万円〜400万円超、平均坪単価330万円程度か

★ 横浜市営地下鉄ブルーライン「あざみ野」駅より徒歩10分、東急田園都市線「あざみ野」駅より徒歩11分の場所に立地する三菱地所レジデンス分譲・フジタ施工・地上4階建(建築基準法上は地上3階地下1階建)・総戸数111戸の『ザ・パークハウス あざみ野一丁目』です。

 2路線利用可、第一種低層住居専用地域、南傾斜を活かした高台の低層レジデンスです。平均専有面積80.44m2、全戸納戸付き、南向き住戸(76戸)中心の全111戸となります。三菱地所レジデンスによる総開発面積約18,600m2(共同住宅開発面積(ザ・パークハウス あざみ野一丁目)8,647.95m2と戸建住宅開発面積9,953.59m2)というスケールで創造する、マンション・一戸建て一体開発プロジェクトとなります。

 敷地内のゆとりを活かし、平置駐車場や緑豊かな散策路を計画、道中には4つの広場を設け、腰をかけたり、立ち話ができる交流の場を設けています。駐車場と住棟間を行き来できる「オーバルゲート」と「サークルゲート」を設け、ノンタッチキーをかざすだけでスムーズに解錠できます。共用施設としては、ガラスウォールの開放的なラウンジ兼集会室があります。

 本プロジェクトは、銀行研修所跡地にできるものです。「あざみ野」駅物件でもう一つ注目されているのはカリタス跡地(面積13,700平米)のブランズで、5階建7棟、288戸で2020年完成という情報で、本マンションより約1年後ということになります。

 本マンションの価格水準は、東向きの一番リーズナブルな住戸で坪単価270万円、高い住戸で坪単価400万超、平均坪単価は330万円程度という情報があります。7月上旬に販売開始予定で、竣工は 本年12月中旬、入居は来年2月中旬が予定されています。

公式ホームページ ⇒ザ・パークハウス あざみ野一丁目

『百年後のヴィンテージマンション』へ

posted by フェアリンク at 07:48 | Comment(0) | ザ・パークハウス あざみ野一丁目