2007年06月26日

イニシア新川崎−出足低調、今後の盛り上がりに期待か

★ 全411戸を完売した名鉄不動産の『レジデンシャルスクエア(SHINKA CITY南街区)』の後を受け、坪単価をSHINKA CITYより1割アップさせて登場した 『イニシア新川崎』ですが、出足はかなり低調のようです。

 第1期1次販売の時期を遅めにずらしましたが、それでも販売戸数は総戸数284戸のうちの30戸、坪単価226万円〜233万円となっています。新川崎への需要がまだそれほど強くなく、先行したSHINKA CITYがその需要を吸収して一段落のところ、平均坪単価230万円が購入検討者に高めの価格設定と映っているようです。

 しかし、竣工半年前に完売したコスモスイニシアの『レジデンス・ザ・武蔵小杉』も当初の売れ行きはスローペースでしたから、会社としてはそれほど気にしていないかもしれません。登録状況は売出しの30戸を少し上回る程度のようです。

『百年後のヴィンテージマンション』へ

posted by フェアリンク at 02:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 完売物件
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック