2017年04月24日

(仮称)馬車道駅直結 横浜北仲タワープロジェクト−横浜市最高層のランドマークとなる超大型物件、本年10月販売開始予定。坪単価393万円の予想あるも熱く議論

★ 横浜高速鉄道みなとみらい線「馬車道」駅より徒歩1分(サブエントランスより、メインエントランス1より徒歩2分)、JR京浜東北線・同根岸線「桜木町」駅より徒歩8分の場所に立地する三井不動産レジデンシャル&丸紅分譲・鹿島建設&パナソニックES建設エンジニアリング施工・地上58階地下1階建・総戸数1,179戸(事業協力者住戸50戸含む)の『(仮称)馬車道駅直結 横浜北仲タワープロジェクト』です。

 北仲通地区は、みなとみらい地区と対岸に隣接し、みなとみらい地区と山下・関内地区の結節点にもなっており、2012年1月には「横浜都心・臨海地域」の一部として「特定都市再生緊急整備地域」に指定されています。

 本マンションは、再開発第3段階とされるA-4地区の58階建ての超高層タワーとして、2016年11月1日付で着工(完成2020年2月予定)されました。コンセプトは、「Mixed-useの新たな街づくり」で、住宅、宿泊施設、文化施設、商業施設のすべてが一体となる街を目指しています。ホテル部分として長期・短期滞在型宿泊施設「オークウッド」が横浜エリアに初進出し、地上約150mには展望フロアも併設する予定です。また、西側には高さ155メートルの横浜市新庁舎が2020年1月末に完成予定です。

 外観は、街並みにふさわしい赤煉瓦を採用、「馬車道」駅と直結し、雨の日でも濡れる心配がありません。カフェ・レストランがタワー下部に入り、スーパーマーケットが隣接して設置されています。共用施設は、パーティーラウンジ、多目的ルーム、フィットネスルーム、スタディールーム、ビューラウンジ、屋上デッキと多彩です。

 間取りは1LDK〜3LDK、専有面積44.03平米〜212.30平米と富裕層中心の幅広い需要を狙っています。『住まいサーフィン』における予想平米単価は119万円、坪単価にして393万円とされていますが、ネット上の掲示板では予想が熱く語られています。

 入居は今から3年後の平成32年4月下旬を目途とし、販売開始は今から半年後の10月下旬を予定しています。本年の横浜における話題の超大型物件で、横浜市最高層となるランドマークと魅力満載、注目度の高い物件です。

公式ホームページ ⇒(仮称)馬車道駅直結 横浜北仲タワープロジェクト

TOPへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449285084

この記事へのトラックバック