2017年04月07日

ザ・パークハウス 白金二丁目タワー−豊かな自然に恵まれた一等地のタワー、既存不適格の懸念もあり。坪500万円台後半〜600万円台後半、第1期は総戸数の半分の85戸を順調に販売

★ 東京メトロ南北線・都営地下鉄三田線「白金台」駅より徒歩5分、同線「白金高輪」駅より徒歩6分の場所に立地する三菱地所レジデンス&野村不動産分譲・竹中工務店施工・地上32階地下1階建(A棟)、地上27階地下2階建・総戸数172戸(事業協力者住戸2戸含む)の『ザ・パークハウス 白金二丁目タワー』です。

 本マンションは、竹中工務店の「白金竹友クラブ」跡地で、「シェラトン都ホテル東京」の向かい、背後の森の奥は服部金太郎邸となり、豊かな自然に恵まれた一等地に建設されます。

 本マンションの着工は昨年9月でした。これは、昨年10月からだと港区の規制により高さ40メートル制限に引っ掛かってしまうため、そのぎりぎりのタイミングで着工し、高さ109メートルの建物を建てるということのようで、既存不適格物件となる可能性があります。

 間取りは1LDK〜3LDK、専有面積56.23平米〜185.28平米で、価格水準は坪500万台後半から600万円台後半まで。プレミアム階は700万円台から1,000万円手前となっています。人気は北東角部屋の複数階で倍率4〜5倍がついたため、北東角部屋の価格を上げ、他の部屋の価格を下げるなどの価格調整が行われました。

 昨日、第1期販売が行われ、販売戸数は総戸数の約半分に当たる85戸で、順調に売れたとの情報です。

公式ホームページ ⇒ザ・パークハウス 白金二丁目タワー

TOPへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448794892

この記事へのトラックバック