2017年03月22日

プラウドシティ加賀学園通り−昨年2月末に最終期35戸販売、昨年3月末には残り2戸、昨年5月中旬までには完売。最後は大型4LDK住戸が残る。平均坪単価240万円台の大規模ブランドマンション

★ JR埼京線「十条」駅より徒歩9分、都営三田線「板橋区役所前」駅より徒歩12分の場所に立地する野村不動産分譲・三井住友建設施工・地上15階建・総戸数363戸の『プラウドシティ加賀学園通り』です。

 昨年2月28日に実施された最終期(第6期)販売は35戸で、結果として9戸が残りました。昨年3月上旬には残り7戸、同月中旬には残り3戸、同月下旬には残り2戸と、入居期直前に急速に残戸数を減らしていきましたが、残り2戸が4LDKの高額物件だったこともあり、その後はやや時間がかかったようです。しかし、5月中旬までにはそれも完売となりました。

 あらためて本物件を振り返りますと、東京インキ跡地の10,067.22平米の土地に総戸数363戸のプラウドシティで、3棟構成の外観は日本を代表する板倉建築研究所がデザイン、共用施設が多彩でファミリーにとって魅力十分な大規模マンションでした。

 入居開始は3月下旬からでしたが、第6期の方の入居は6月でしたので、結果的に入居時完売を達成したことになります。平均坪単価240万円台で、専有面積の広さでグロスが張る住戸もありましたが、近年としてはリーズナブルなブランドマンションでした。完売おめでとうございます。

TOPへ

posted by フェアリンク at 08:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 完売物件
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448228639

この記事へのトラックバック