2017年03月15日

パークタワー晴海−ストーリー型コンセプトで共用施設充実、日本初の免振×連結制震でタワー特有の揺れに対応。価格水準は坪300万円程度とも坪370万円程度とも予想する議論

★ 東京メトロ有楽町線・都営大江戸線「月島」駅より徒歩12分、東京メトロ有楽町線「豊洲」駅より徒歩15分、都営大江戸線「勝どき」駅より徒歩15分の場所に立地する三井不動産レジデンシャル分譲・大林組施工・地上48階地下1階建・総戸数1,084戸の『パークタワー晴海』です。

 物件のコンセプトは「くじらアイランドの伝説」で綴られる5つのゾーンと12のシーンストーリーを受け継いで生まれた「イマジネーションランド」です。また、光井純アンドアソシエーツ建築設計事務所が監修した屋内共用空間「イマジネーションテラス」は、イマジネーションランドと連続性のある設計とし、タワー内にいながら外の爽快さを満喫できる空間としています。

 共用施設としては、グランデッキ、キャビンラウンジ、くじらテラス、妖精の小路、暖憩テラス、ガーデンアプローチアクティブパークなど盛りだくさんです。日本初となる『免震×連結制振「DFSハイブリッド」』を採用、免震構造だけでは対応できなかった風揺れや長周期地震動による揺れにも対応するようにしました。

 間取りは1LDK〜4LDK、専有面積は42.53平米〜121.16平米と幅広い層をターゲットにしています。内廊下方式で、トランクルームは全戸分用意されています。

 価格水準については、ネット上の掲示板では坪単価300万円程度とも370万円程度とも予想が盛んに語られています。販売は6月上旬開始予定、竣工は平成31年5月下旬、入居は同年9月下旬が予定され、オリンピックイヤーの前年となります。

公式ホームページ ⇒パークタワー晴海

『百年後のヴィンテージマンション』へ

posted by フェアリンク at 07:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | パークタワー晴海
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447925411

この記事へのトラックバック