2016年06月06日

プラウドタワー清澄白河−都心近くだが駅徒歩10分圏内ではないタワー物件。ブランド力と複数の公園に近接が魅力。坪271万円〜358万円程度、第1期販売の販売戸数に注目

★ 東京メトロ半蔵門線「清澄白河」駅より徒歩12分、都営大江戸線「清澄白河」駅より徒歩14分、東京メトロ東西線「木場」駅より徒歩11分の場所に立地する野村不動産分譲・前田建設工業施工・地上20階建、総戸数132戸の『プラウドタワー清澄白河』です。

 都心に近い立地ですが、駅徒歩10分圏内にはならず、敷地はいわゆる旗竿地で、南向きではありますが11階相当までは視界が目の前の建物に阻まれ、日照・眺望に難があると思われます。

 しかし、旗竿地は、マンションの場合、長い竿部分を植栽等で設えれば魅力的なアプローチとなります。ファミリーマート徒歩2分、マックスバリュエクスプレス徒歩3分、どらっぐぱぱす徒歩5分、そしてマルエツ清澄白河店には徒歩9分とそれほど不便は感じませんし、自転車があれば日本橋・銀座・豊洲などに気軽に足を伸ばすことができます。

 複数の公園に近接し、広大な敷地を誇る都立木場公園に徒歩2分、清澄庭園に徒歩11分等となります。交通アクセスは、「清澄白河」駅より「大手町」駅まで直通7分、「木場」駅より「日本橋」駅まで直通5分と、「東京」駅3.3キロメートル圏内の利便性を実感できます。

 間取りは3LDK〜4LDKのオールファミリータイプ、専有面積70.84平米〜88.54平米に対し販売価格5,700万円〜9,500万円台、坪単価271万円〜358万円程度となります。日照・眺望に難のある低層階住戸を安く、抜け感のある高層階を高くしてバランスをとっているものと思われます。

 公式HP上は第1期販売が6月上旬予定となっています。販売戸数の発表が待たれます。

公式ホームページ ⇒プラウドタワー清澄白河

『百年後のヴィンテージマンション』へ

posted by フェアリンク at 08:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 完売物件
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック