2013年08月06日

Brillia(ブリリア)下丸子(一部普通借地権)−スーパー隣接、多摩川徒歩5分の女性が喜ぶ暮らしやすさ、旧法賃借が論点、坪187万円〜242万円程度は2%程度割高の試算、グロスの安さは魅力

★ 東急多摩川線「下丸子」駅より徒歩10分、「武蔵新田」駅より徒歩10分の場所に立地する東京建物分譲・長谷工コーポレーション施工・地上10階建・総戸数56戸(うち提携企業勤務者向け分譲19戸含む)の『Brillia(ブリリア)下丸子(一部普通借地権)』です。

 意外にも大田区初のBrillia(ブリリア)となります。東急多摩川線の最寄り駅まで10分は、マンションとしてはやや遠く感じられますが、スーパー「東武ストア フエンテ下丸子店」が隣接、多摩川へは徒歩5分、全戸南東向きと、女性が喜ぶ暮らしやすさの条件は揃っています。

 売主でもこの利点を伸ばすため、「働く女性がもっと幸せになる住まい」を考えるBloomoi(ブルーモア)プロジェクトに初参画、洗面所で顔から30センチの位置にミラーを設置したり、2人並べる洗面化粧台にしたりと、「なるほど」と思えるアイディアが採用されています。

 一方、大きな論点は土地の権利形態が旧法賃借である点です。すなわち、敷地の一部が普通借地権で、平成25年3月31日から50年間(当初期間満了後は30年毎に更新)という借地の種類・期間となっています。旧法賃借は定期借地と異なり、通常期間更新がされていきます。なお、所有者はお寺であるという情報で、これも旧法賃借に多い所有者です。

 提携企業勤務者向けの分譲が19戸あるということで、一般販売は37戸となります。8月10日に開始される第1期販売の登録は、提携企業勤務者向け分譲19戸を含み51戸販売となり、事前セールスの好調さをうかがわせます。

 販売内容は、間取り2LDK〜3LDK、専有面積60.01平米〜75.93平米に対し販売価格3,398万円〜5,558万円で、坪単価187万円〜242万円程度です。標準相場をごくおおまかに試算すると、239万円[下丸子坪単価]×0.975[駅距離補正]×0.9[普通借地補正]=坪単価210万円となり、上記坪単価レンジの中央値と比較すると、2%程度割高との結果です。

 それでも、23区内ファミリータイプが3千万円台半ば以下であるという価格設定は魅力的です。お盆をはさんで販売するというのは珍しいパターンですが、その分第1期登録期間は8月10日〜8月25日と、期間を長めにとってあります。抽選住戸が多く出るほど人気マンションになるかどうか、8月注目の物件となりそうです。

公式ホームページ ⇒Brillia(ブリリア)下丸子(一部普通借地権)

『百年後のヴィンテージマンション』へ

posted by フェアリンク at 07:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 完売物件
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/371250444

この記事へのトラックバック